あかりの森's blog

7歳、3歳の怪獣達と楽天家シングルかーちゃんの雑記帳。主にのほほん、時々、真面目。

息子よ、「その先」を目指す、それを忘れなければ、方法なんて本当のところ大した問題ではないんだよ。

 生まれて18年くらい経験値を積めば、大抵の判断は、まだ未熟だとしても自分なりに行えるのではないでしょうか。大学は「取りあえず」行く場所ではありませんし、会社は「取りあえず」働く場所でもないと思います。将来の夢はあっても無くても構いません。3年後の自分がどうしていたいか、明日の自分がどうなっていたいかがはっきり設定出来ていたら十分です。自分が行きたい世界に「選ばれる」か、自分が行きたい世界を「選ぶ」かがとても重要な問題ではないでしょうか。

 なりたい自分に成る為に、そこを通る必要があるのなら、そこを通るだけの人になればいい、肝心なのはこういう事の様な気がします。相手の邪魔をせず人へ対する最上の敬いを持って、自分を信じて歩いて行く事が出来ればもうそれ以上何を望む事があるでしょうか。

 社長になる、医者になる、弁護士になる、政治家になる、発明家、思想家、何かになる為に努力する人は世の中に多いです。けれども、そうではなく、息子達に行って欲しいのは、「世の中で僕は人の為にこういう事をしたい」から、それを達成する為に頑張る事なのです。はっきり言ってしまえば、人の為に涙を流し、笑える人であって欲しいだけです。