あかりの森's blog

7歳、3歳の怪獣達と楽天家シングルかーちゃんの雑記帳。主にのほほん、時々、真面目。

居場所の本質

 大人であっても、最終的に欲しいモノは「安心感」でないのだろうかと思うのです。生活を安定させる為の金銭も、側で見守ってくれる伴侶の存在も、社会に出た時の地位や名誉も、元を辿れば、普遍的な「安心感」に根差しているのではないでしょうか。細分化されたり、一見そうは見えなかったりでソレとは分かりにくい事もあります。が、結局のところ、大人でさえ自分が「一人きり」である事実を、なかなか受け入れにくいものであります。そして、その一人=独りを、心もとなく感じる時が人生には何度も訪れるのではないでしょうか。

 では、子供はどうなのでしょう。

 私の体温が側にないと目が覚めてしまう小さい人がいます。私が仕事から帰って来る時間を毎日確かめるあどけない人がいます。本当は自分で出来るはずなのに、上着のボタンを閉めて欲しいとねだる人がいます。ごめんなさいと、いたずらを詫びる度に必死に抱き着いてくる人がいます。

 痛みを堪える方法を、大人であれば提示出来るかも知れません。時には、痛みを直視しなくても済むように代用品を用意したり、逃げる場所を確保したりも可能です。

 私の手に、ぬくもりが宿っているだけで満足する子等を、じっと眺めます。